化粧水ボトル「花しずく」 制作風景

HOME >> 制作風景

絵付けの風景

動画でお楽しみ下さい。

※音量にご注意ください。
※回線速度の可能な限り720p以上の高解像度でご覧ください。

花しずくができるまで

「手描き」と「手作り」にこだわって、食器や美術工芸品を作っている鍋島焼の窯元なので、化粧水ボトルも「手描きの絵付け」にこだわって作っています。
化粧水ボトル「花しずく」
1.いこみ
型に溶かした陶土を入れ成型します。
2.素焼き
型から取り出した生地を900℃の窯で焼き上げます。
3.下絵付け(線引き)
絵柄の下書きです。細い線を書き上げるのは熟練の技が必要です。
4.ダミ 絵付け
細かい作業に大きい筆を使うのは、絵の具をたっぷりと含ませ筆先で
一気に色付けします。
5.施釉 
青磁か白磁かは、この釉薬の種類によって決まります。
6.本焼成 
1,280℃~1,300℃の窯で24時間かけて焼きあげます。ガラス質の釉薬が溶け青磁・白磁の光沢を出し、ダミで描かれた絵は藍色に変わります。
7.上絵の線描き 
赤や黒の絵の具で線を描いていきます。
8.上絵付けダミ
色絵を付けていきます。
9.赤絵窯
830℃で上絵を焼き付けます。
10.完成。
全ての工程を経て製品になるまで約30日かかります。

制作風景写真館

画像をクリックしますと詳細画像が拡大して表示されます。

型取り 型乾燥の風景絵付け場の風景線描きの風景線描きの風景下絵付けの風景下絵付けの風景下絵付けの風景上絵付けの風景上絵付けの風景