伊万里焼・鍋島焼窯元虎仙窯(こせんがま)・青磁・白磁・色鍋島の伝統工芸にいきづく魅力をご紹介

登り窯・焼成の魅力

登り窯・焼成の魅力伊万里市内でも磁器を焼く登り窯を保有している窯元は大変珍しく、今では大変貴重になりつつあります。伊万里へお越しの際には旅の記念にでも見学に是非お越し下さい。

また、登り窯で出来上がった作品を、年に2回(春・秋)”登り窯展”としてお披露目いたしております。
日時等は不確定でございますので、改めて御案内させて頂きます。

登り窯は想像もできない作品を生み出します。

当窯では年に2回ほど登り窯焼成を行っております。
登り窯は薪、木材などを燃料とし人の手仕事で焚いています。
焼成も難しく、天候、気温、湿度により焚き方も左右され時間との戦いになりますが、登り窯焼成で生まれる作品は味わい深く、一つ一つの作品が色んな表情を持って二つとして造れないものです。
それは、窯の中で起こる炎の加減と還元・酸化・中性炎という科学反応による人の手作業で行うことで生まれてくる作品です。
近代では機械化が進みガス・電気窯が主流になり火力などの安定により同じ色合いが出せますが、ガス・電気窯では生み出せない作品を登り窯では想像もできない作品を生み出してくれます。
登り窯・焼成の魅力
登り窯・火入れ式の様子
登り窯・焼成の魅力
焼成
登り窯は火力の強い松を使い、窯内の温度を徐々に1300度まで上げていきます。
横から薪をくべ長時間かかり、同じ製品を同様に焼くのがとても難しいです。
登り窯・焼成の魅力
1,300℃になるまで薪をくべり続けます
登り窯・焼成の魅力
窯内が最高温度1,300℃に達しました
焼成中の登り窯
還元焼成
焼成中の登り窯
窯上げのようす